2019年4月21日 (日)

諸感 (アドバイスという名の内政干渉、お節介、迷惑)

Akairo7

↑チヌーク

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

塩尻へ行ってきた。帰りにスタンドへ寄って洗車しようと思ったら、ちょうどシャッターを閉めているところだった。
時間は夜八時。できなかった。明日来てくれってか?。シラケた。もう行かない。不快。サービス悪い。もう行かない。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昔、バンドやっててライブやったことがある。ベースを弾いたとき、スローのバラードの曲だったので小さい音で
弱く弾いた。いわゆる、”mp”(メゾピアノ)だ。そしたらミキサー卓のオペレーターが私に向かって怒鳴る。
「あの~ベースの人、音が小さすぎます!。聞こえません!もっとデカい音にして!」って言われた。不快。
意図的に小さい音で弾いてんだよ!。こんなバラードの曲でデカい音なんかだしたら曲のムードぶち壊しだ。

昔、バンドをやっていた。リードギター弾いた。そしたらメンバー、怪訝な顔をしている。
彼は言う。「音数が多すぎる。もっと音を溜めろ。」??音を溜めろ?。どういう意味だ?。
私には理解できなかった。今でも分かんない。どう弾こうと私の勝手だ。

昔、バンドをやっていた。キーボードをやっていた。するとギターやってたやつが私に言う。
「テンポが遅れる。キーのタッチが甘い。」そんなこと言われても・・私にはできない。やめた。

昔、バンドをやっていた。ギターの弾き語りをやっていたらミキサー卓のオペレーターが言う。
「ギターの音が小さすぎる。もっとデカい音で強く弾いて!」そしたら別の男が言う。
「ギターがデカすぎる。もっと大きい声を出して唄え。」
バラードの曲だ。どうやって大きい声を出せというのだ?。静かなメロディの曲を大声でシャウトして唄えとでも言うのか?。
出来るわけない。

こういうことは私には向いていないようだ。ケンカになってしまう。

一人で歌う。一人で演奏する。一人でPAから全部やる。

聞きたい奴だけ聞け。聞きたくなければ出ていけ。これが一番。

誰にも迷惑かけない。

夜、松本の街を歩くと、街角に小さな自前のPA機材をセットしてライブやってる音楽家たちが居る。
ああいうのが一番いい。私もいつか、やってみたい。ストリートミュージシャンだ。

聞きたい奴だけが聞けばいいのだ。聞きたくなければ、上手い奴なんかいくらでも居るんだから
そういう連中のを勝手に聞けばいいのだ。あほらしいと思ったら聞かなきゃいいだけのことだ。

音楽は芸術だ。軍隊ではない。「お前の、ひったるんだ根性を、叩き直してやる!」な~~んていう
考えのひとが多すぎる。切磋琢磨する性格のものではない。芸術は自由。音楽は自由。
なにをやろうと。自由。好きなものを勝手に選べばそれでいい。芸術だ。

それが芸術!。

信大病院に行くと院内のコンコースで小さなPAをセットしてライブをやってる青年たちが居る。
いわゆる「院内ライブ」。ジャズやクラシック、ポップなものまでいろいろ演奏している。
とてもカンジが良い。私もいつか、独りでやってみたい。

あこがれだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年4月15日 (月)

諸感

Booi11

 

/////////////////////////////////////

選挙になった。広報車がにぎやかになった。

誰が当選するんだろう。若い人や新人に頑張ってほしいが・・。

政治無関心層が重い腰を上げて投票してくれれば、歴史が変わる。きっと。

棄権はマズい。意思表示なんだから、面倒でも投票。

安曇野市は誰が出てるのかな?。

・・・・・・・・・・・・・・・

 

(^^)/

2019年4月13日 (土)

随想

Dsc_6434

 

↑LS製 1/32 マツダ(旧東洋工業)T-2000 ロング床

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

〇番組改編

突然   終了してしまっている・・・。

新番組?だって・・・。知らんかった・・・。あれ??。
どうなってんの?。
もっとやってりゃ良いのに・・。??
もう・・あのひとの・・放送・・聞けないの?。"(-""-)"

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

(^^)/

 

2019年4月 9日 (火)

諸感・・・選挙。

Iook07

↑HSS-1 レベル1/48

//////////////////////////////////

私は安曇野市の籍なので大町での選挙権は無い。
大町では候補者が名乗り出て選挙になったらしいが、やっぱ選挙になったほうが良い。
一時的であるにせよ、人々の関心が高まるのは、物的にも、経済的にも、良い効果をもたらす。

安曇野市は候補者が誰も居らず、無投票、無選挙になってしまった。
前日に市役所からは、いつものように投票用紙のハガキが送られてきていたので
誤解した人が多く、市では広報を出して”選挙は行いません無投票になりました・・”
なんていう、お振れを出したくらいだ。はりあいの悪いハナシだ。

投票率も低い。無関心、他人事、っていう人が多い。
もっと投票率が上がれば歴史も変わる。


期日前投票で誰それが優勢・・なんていう情報が出るけど、あれはマズいと思う。
イメージ操作になりかねない。
誰だって、自分の投票した人が落選すりゃ悲しいから、
結局、優勢な方に投票してしまうだろう・・。良くない。
事前予想なんてのは止めるべきだと思う。
フェアに公平にやらないと、民主主義ではない。

 

・・・・・・・・・・・・

 

(^^)/

 

 

 

 

2019年4月 8日 (月)

私感 (自主的っていうこと)

Iook08

作品 (レベル1/48 HSS-1)

 

 

////////////////////////

 

忙しい日だった。何をするにも時間切れ・・っていう状況。

やりたいことや、自分の趣味の予定なんかは専用のノートに書いてある。
PCやスマホは使わない。紙のノートにボールペンで手書き。
ジャンル分けもしない。ただ思いつくままどんどん書きこむ。
整理分類して書くと、また、それを分類しなきゃいけない。そんな時間無い。
字の大きさを変えたり、独自の記号を付けて書く。##ハッシュタグ##のようにして。##

どこかの中学校で10分間読書っていうのをやっているらしい。
10分間読書っていうのはとにかく10分間読書すれば良いっていう授業。
学校で、授業で、読書と言えば、やれ、読後感想文を書けだの、昔の文豪の有名な小説を読めだの、
海外の名作を読めだの・・っていちいちうるさいことを先生が言う。
しかし、この10分間読書っていうのは違う。今までとは違う。
とにかく、10分間、黙って本を読め。私語は慎め。マンガでもなんでもいい。
自分が読みたい好きな好きな本を10分間、黙って読め。っていう授業。
もちろん、読後感想文を書いて先生に提出しろなんて言わない。
読書は読書。義務ではない。勉強ではない。
黙って読め。それだけ。
大分、効果があったらしい。自主的に読書する生徒が急に増えたらしい。
すっかり読書の習慣がついて、なにもしないよりはずっと改善したらしい。
ゲームやスマホにベッタリだった子供たちに読書が戻った。習慣がついた!。

やっぱり、束縛は良くないっていうことだ。
自主的にやるっていうことが素晴らしい意味のあること。そういうことだ。

プロレスラーはリングで血だらけになって戦う。
でも、彼らは苦しそうではない。戦うのが好きだからだ。
自主的にプロレスの道を選んだ以上、自分にウソはつけないからだ。
プライド!。誇り。そういうことだ。
誰かに強制されて束縛されてやっているわけではないからだ。

私の予定ノートなんて、別に意味は無い。どうせ出来っこないからだ。
でも、書くことによって、限られた時間内でできるか、もっと省略できないか、
果たして持続可能なのか、せい一杯工夫しているか、
そして、それがホントにやりたいことか?。

自問自答。自身の客観。統計分類。自然に知らず知らずのうちに
やってる。いや、やらざるを得ない。

もう人生、残り時間無いからね。(;^ω^)

・・・・・・・・・・・・

(^^)/

 

 

2019年4月 6日 (土)

作品 改造四式重爆「飛竜」

Iook06

                                ↑ 四式重爆「飛竜」の改造品?。航空自衛隊仕様?。電子戦訓練機?。架空設定。(LS製1/72)

 

////////////////////////////////////////////

昨日は塩尻へ行った。(諸用で一日おきに行っている。)

塩尻の人たちは親切。クルマを運転していると良くわかる。困っていれば必ず道を譲ってくれるし
こちらで何かやってあげれば必ずハザードを点滅させて御礼をしてくれる。
混みあっている道路では必ず誰かが減速して「行け」とか「早く出て!」って促してくれるので
大助かりだ。こんな経験は初めてだ。
親切は親切を生み、相乗効果で、同心円のように広がっていく。そういう街なのだろう。
あまりにも親切にされるので気味が悪いくらいだ。
街を見ても人が多い。なんとなく活気がある。街は碁盤の目のように美しく整備されて奇麗だ。
いたるところに街路樹が植えられていて知性的で文化的。カッコいい。
場所によっては電線を地中に埋めて地中化してあるので非常にスッキリ。
電線が無いのだ。すばらしい解放感だ!。田園調布みたいだ!。
私のように下を向いて人生に絶望したようなバカ面でトボトボ歩く人なんか絶対居ない。
皆、背筋をピン!とのばして充実した顔で颯爽と歩いている。
男性はみなカッコよくイケメンだし、女性はみな美しくフランス人形みたいだ。(*^^*)

彼方に見える穂高連峰の不気味な山容もインパクトがあって良いと思う。

とっても良い所だ。住んでみたい。

・・・・・・・・・・・・・

 

(^^)/

 

2019年4月 5日 (金)

作品。軽巡「多摩」

Booi12

   ///////////////////////////////////////

 

入学式が終わって今日から学校だな。
最初は皆、優しいが、日が経つにつれて、”本音”が出てくる。必ず。

私にとって 学校なんて 決して 居心地の良い所ではなかった。
当然、行きたくなかったが、不登校なんてことをやらかすと、
親に叱られるし、親に迷惑かける。世間体とか・・・
で、行きたくなかったが、しょうがないから行った。
親が子を理解するのではなく、
子が親を困らせないように理解してあげていたのだ。逆だね。あべこべだ。

学校なんて面白くない。当たり前だ。勉強させられるところだからだ。
楽しい学校生活なんて存在しない。厳しいところだ。超えていかなければならない。イヤでも。
劣等感、屈辱、恐怖、地獄の拷問。それが学校!。不条理を強制的に叩き込まれる場所。
人生の矛盾を体をはって覚えこまされる場所。
まるで軍隊。権力を持った奴が威張りまくる。
偽飾と欺瞞に満ちた弱肉強食。不公平。いつも同じ奴が良い思いをする。
成績のいい奴は先生にも好かれる。だから何をやっても叱られない。ほめられる。エコひいき。
しかし、バカは何をやっても認められない。正当な理由であっても信用されない。
でも、世の中は、そういうものだ。努力なんて報われない。
そういうこともすべて受け入れることが人生。
大きな心で、諸悪を認め、受け入れることも人生。
こちらに正当な理由があっても、引き下がって敗北してあげることも人生。
敵陣に突撃するのも勇気だが、敵前逃亡するのだって、退却するのだって、
負けることだって、立派な勇気!。
恥ではない。
必ず、誰もが、通過しなければならない修羅の道場。学校。

人生とはそういうものだ。生涯 続く。だからそれで良いのだ。
間違いではない。

この歳になって

ようやく

少しだけ

分かったような気がする真実。ありのまま。

 

・・・・・・・・・・・・

 

(^^)/

 

2019年4月 4日 (木)

作品

Kaiuna18

 

////////////////////////////////////

 

気温低い。クルマ降りたとき頬に感じる冷気。春のモノではない。冬。

・・・・・・・・・

今年も三か月過ぎた。何をやってたんだろう?。三か月?。
ただ忙しい忙しい眠い眠い・・・ってそれだけだ。

達成感も何も無い。損しただけ。"(-""-)"

 

・・・・・・・・・・・・

 

(^^)/

2019年4月 2日 (火)

作品集シリーズです。

Pora13asa_1

 

////////////////////////////

 

天気 雪。強い風は収まったが、雪。4月だというのに・・雪。

気温低い。

ニフティのブログサービスが改装されて入力画面が変わってしまった。

チェックボックスに勝手にチェックが入っていて困った。直すのに一苦労した。
今のところ上手く作動しているらしいが・・・
チェックなんか入れた覚えの無いところに勝手にチェックが入っているので気を付けたほうがいい。

でも・・ま、無料のブログサービスだから・・文句は言えないんだけど・・。

 

・・・・・・・・・・・・・

 

(^^)/

2019年3月28日 (木)

諸感

Fiss7

 

**

 

Fiss5

岐阜城

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

○突風

新聞配達してたらあちこちに板切れや布、ポリバケツが散乱していた。
昨晩の突風で飛ばされたんだろう。
雪降りの朝だった。雨混じりだったから、霙(みぞれ)か?。

 

○みなみこうせつ

今度はこうせつ(元かぐや姫)が来るらしい。有名人が来るようになったなぁ・・・。
大昔「日本歌謡選手権」ていうテレビ番組が有ってプロからアマチュアまで種々雑多に
いろんな人が登場して、出演者の演奏が終わると、審査員のプロの歌手やレコード会社の担当の人が
手厳しく、率直に、おだて無しで、ビシビシと批評して、採点してもらって勝ち抜いていって
プロになってレコードデビューっていう番組だったが、内容は恐ろしい番組だった。
言わば、スター誕生の前身のような番組だったのかもしれない。
その番組に「かぐや姫」が出たことが有る。某作曲家の人にビシビシ文句を言われていた。
出演時間を守れとか、奇声を発して歌っても売れるとは限らないとか、文句を言われていた。
あとオックスでボーカルやってた野口ヒデト(真木ヒデト)も出ていて審査員の人に手厳しく叱られていた。
北海道から「誤重奏」っていう三人組のフォークソングのバンドが出ていて
アコギがとっても上手くて良い演奏だった。特にギターが上手い演奏だった。
司会者は確か・・スリーファンキーズの誰か?だったと思う。よく覚えていない。
ああやって鍛えられて本物のミュージシャンになっていくんだな・・って思った。
厳しい世界だなって思った。プロへの道は険しい・・・。(◎_◎;)
こうせつは今や大スターだが、そういった苦労時代を経て今が有るんだなぁ・・・。
魔法の杖を振って一瞬でスターになれたわけではないのだ。
一朝一夕にできることではないのだ。
さんざん ひどい目に合って 力ある者だけが這いあがって栄光を勝ち取るわけですね。

でも好きなことをやっているんだから何を言われても耐えていけるんだろう。って思った。

自分が選んだ道なんだし・・・。強制された道じゃないわけだし・・・。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

(^^)/

 

 

«諸感。

フォト
無料ブログはココログ

このむ

幸奈

  • 幸奈
    幸奈さんのBlogです。

森の工房

  • 森の工房
    楽器にとても詳しいです。有益です。

ひまわり

  • 人生の約束の橋
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30