2017年6月28日 (水)

海上自衛隊ミサイル護衛艦「あまつかぜ」

1497838143110


↑ ニチモ1/200海上自衛隊護衛艦「あまつかぜ」です。40年ほど前に作ったもの。
当時、モデルアート誌の読者作品コーナーに投稿して採用されたものです。
あは^^。栄光の歴史!。^^。

だが・・もう・・時代は変わっている・・・。
今の目で見ると、気に食わないところが沢山有る。

1、手摺りを伸ばしランナーで作ったので変形、破損が著しい。

2、マスト、煙突、が高すぎる。もっと低い方がカッコ良い。

3、「あまつかぜ」はミサイル護衛艦だ。なのに、ミサイルは艦尾に小さいのが
ポツンとあるだけ・・。これじゃあ、あまりにも寂しい。なので、ミサイルランチャーを
付ける。

4、船体がのっぺらぼう。オモチャ臭い。なので、もう少し手を加えてカッコ良く。

以上、主な改造点。いったん、全部バラして作り直す。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

(^^)/

2017年6月27日 (火)

砂風琴の、お料理教室?粉ふきイモ。

1497402231410


     ↑ 粉ふきイモを作った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨晩はクルマ給油して、後、居眠りしてた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(^^)/

2017年6月26日 (月)

駆逐艦「秋月」と「不知火」  2.

1497838151429


     ↑ ツーショット  2. 秋月と不知火。ニチモ1/200改造。

伸ばしランナーは極力、使わないようにした。強度保持のため。真鍮線Φ0.3、Φ0.5等を
ハンダ付けによって組んだ。マストは焼き鳥の竹串を細く加工して組んだ。
ゴチャゴチャしてうるさくなるのでデティールは適度に省略した。

・・・・・・・・・・・・・

今朝、新聞配達してたら、あちこちに水溜りができていた。深夜に雨が降ったのだろうか?。

地震は現在は来ていない。小さいのはひっきりなしに来ているかもしれないが・・。
余震に警戒って言っている・・・。

曇り空の朝・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

(^^)/

2017年6月25日 (日)

秋月と不知火 作品ツーショット。

1497838159381


↑ 前作の秋月とツーショット  1

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

梅雨らしい天気になった。これでいいのだ。

地震は大町の方では揺れなかった。局地的に揺れたんだろう。
でかいのが来たもんだ。

どうも最近、北部の方でグラグラ揺れるので、イヤな予感がしていたんだが・・・

まだ来るかもしれないデカいのが・・。。

・・・・・・・・・・・・・・・・

(^^)/

2017年6月23日 (金)

駆逐艦「不知火」改造艦。完成した!。

1497835985390


        ↑ 完成した!。左舷前方より。

駆逐艦「不知火」を昭和40年代の海自護衛艦ふうに改造した。
手摺りの簡略化、水上レーダー、対空レーダー、電子戦ESM、スキッドビームくり抜き加工
煙突カバー、ループアンテナ、旗竿、スクリューガード、等・・を新設、改造した。

実艦「不知火(しらぬい)」は昭和19年、10月26日、フィリッピン沖海戦にて米空母の艦載機の攻撃を受け沈没、散華してしまったが・・・。
もし、沈没せずに生き残り、現存したら、きっと、海上自衛隊の護衛艦として甦ったかもしれない。っていう想定で作ってみた。

非常にスッキリ頑丈にできたと思う。金属線ハンダ付けが功を奏した?。^^。

伸ばしランナー技法は極力使わず、真鍮線等の金属線をハンダ付けによって工作をした。

なによりも優先させたのは”ハンダ付け技法”だ。他にも、いろいろなテクニックを習得できたのは大きな成果だ。もちろん、まだ、分かんないことが沢山有る。

次回からも、おっくうがらずに、ハンダ付け技法を積極的に用いて、より一層の技術の向上に努めたいし、なにか、自分なりに新しい発見があったら、当ブログに於いて紹介しようと思っている。

私と同じ趣味を持った同好の志士の皆さんの、僅かながらでも御力になれれば
”我、感に極まる所以”です!。

あんまり・・・参考にならないかも・・・ですけども・・・('◇')ゞ。(笑)

1497835957296
         ↑ 右舷前方より
艦橋窓ガラス?の透明化工作、とても上手くいった!。満足している!。
向こう側が透けて見えるのがなんとも言えない快感だ。^^。

苦労して作った甲斐が有った。

対空レーダーはもう少し細密化したほうが良かった・・って思う。
次回の課題だ。

1497835963775
↑ 機銃台座の手摺り工作。実際は鉄板で覆われていたようだが・・私の趣向でこういう風にした。

ループアンテナ、ESM機器、スキッドビーム、追加工作。
魚雷発射管、ボートダビット前は手摺りを省略した。
邪魔になるだろうから・・・??。は?。(・_・;)??え?。

1497835970537

↑  左舷。とってもカッコ良くできたと思う。自画自賛。(笑)

1497835977962
↑右舷後方より・・・。

最近の艦船モデルの傾向として船体にも色々と細工するのが流行ってるらしい。
確かに私もそう思う。
やっぱ航空機模型のように、艦船模型もスジ彫りやウエザリングは必須項目かもしれないが、やりすぎるとイヤらしくなるから、バランスを考えて考察の要有りだね。

次回からは船体の方も何かしらの造作を試みてみよう。って思った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

駆逐艦「不知火」を改造する・・・編、今回で終了です。ペコリ(o_ _)o))

次回からは新シリーズになります。

また、見て下さいね!。よろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(^^)/



2017年6月22日 (木)

駆逐艦「不知火」を改造。(小物パーツ)

1497821540590_2


   ↑ 艦首旗竿。もっと前に付けるべきだが完成した後の保存を考えると、
あまり先っぽに付けてしまうと外れたり曲がったりするので意図的に後退させて付けた。

          ↗ 艦尾スクリューガード。オーバースケールだが、これも傷みやすい。

          外れたり曲がったりするのでデカく頑丈に作った。それに
          このほうが可愛い。^^。

これにて組立終了とする。次回は”完成”だ!。(^◎^)

・・・・・・・・・・・・・・・・・

雨は止んだが、曇り空。

・・・・・・・・・・・・

(^^)/

 

2017年6月21日 (水)

駆逐艦「不知火」を改造(スクリューガード)

1497790474325


     ↑ スクリューガードを組む。

いよいよ組み立ては最終段階に。完成させる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

久々の雨降りだ・・・。水曜日。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(^^)/

2017年6月20日 (火)

駆逐艦「不知火」を改造 (手摺り取り付け)

1497402217860


       ↑ 手摺りを取り付ける。(艦首側両舷)

1497402224459
同、魚雷庫、二番三番砲塔両舷。

実際はこんなふうになっていないけど、いいんです。これで!。( ̄ー ̄)

艦首部は波にさらされるから手摺りは必要ない。
ボートダビットや魚雷発射管付近はボートの上げ下ろしや魚雷発射時に手摺りが有ると
きっと邪魔になるだろうし、
艦尾に至っては爆雷投下時に引っ掛かるかもしれないでしょ。
それが理由。??

適度に省略したほうが、私っぽくなって良い。?。
工作が面倒で時間が掛かる・・・っていうのも理由のひとつだが、

博物館に展示するような模型ではないので。
私が道楽で作ってるだけ。

全体的にスッキリ仕上げたいので省略も有り。です。

完成間近。もうひと頑張り!。( `ー´)ノ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

梅雨だというのに、連日快晴。水不足らしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

(^^)/

2017年6月18日 (日)

駆逐艦「不知火」を改造(スキッドビーム取り付け)

1496977662015_2

↑煙突横のスキッドビーム

1496977668573
↑二番砲塔横のスキッドビーム

・・・やっぱり、こういうパーツは手を入れるとグッと良くなるね。

次回は手摺りを取り付ける。

・・・・・・・・・・・・・・

(^^)/

2017年6月17日 (土)

駆逐艦「不知火」を改造(スキッドビーム1)

1496977654825


    ↑ スキッドビームを改造中・・・ルーターでくり抜いてヤスリで仕上げる。
すぐ割れてしまうので、細心の注意!。過去、こういうことをやって何度も失敗した経験有るからね。
前作の秋月の時は一つだったのでラクチンだったが、今回のは三つも有るので
かなりキツイ作業となった・・・。慎重に慎重に・・・・o(>д<)o″

・・・・・・・・・・・・・・・・・

全然良い天気!。一体梅雨前線は?どこへ行っちゃったんだろうか?。

雨なんか全然降らない。朝、曇っていたので、こりゃ降るかな?って思っていたら
カ~~っと晴れてしまった。

やっぱ降るときは降らないと・・・。マズいんじゃないのかな?。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(^^)/

«駆逐艦「不知火」を改造 (手摺り3)

フォト
無料ブログはココログ

このむ

幸奈

  • 幸奈
    幸奈さんのBlogです。

森の工房

  • 森の工房
    楽器にとても詳しいです。有益です。

ひまわり

  • 人生の約束の橋